ニース、モナコetc・・旧市街のおもちゃ屋さんにて

2013.01.30 Wednesday

0
    さて、午後から、ショップの商品を物色しに旧市街へ。ジョギング

    旧市街はもう何回も行っていますが、
    細い路地の両側にたくさんの商店やカフェが並んでいて、
    観光客で活気のある雰囲気がなんだか、とても居心地がよく、
    何度行っても楽しいところです。嬉しい

    路地の両側家の壁はオレンジ、ピンク、赤・・・とカラフル。
    窓もカラフルな格子窓がついています。
    いろいろな色があふれているにもかかわらず、下品に見えないのは
    ニースの強い太陽の光のせいでしょうか?おてんき


    ニース

    以前も書きましたが、
    ニースに限らず、フランスは小さな子供が多いと感じます。赤ちゃん
    そのせいでしょう。
    お店も、おもちゃさん、子供服のお店もたくさん。ラブ
    …おしゃれな雑貨屋さんにもぬいぐるみとか、
    トゥースボックス(子供の抜けた乳歯を入れて保存しておく容器)
    とかがさりげなく置いてあって、子供の育てやすいところだなあ〜と感じます。

    くま
    トゥースボックス

    ・・・あんまりカラフルで、かわいらしいので、おもちゃ屋さんに入ってみました。ラブ
    ・・・昔懐かしい、木のおもちゃ(起き上がりこぶし)
    カンケースに入ったゲーム。
    へアアクセサリー
    トゥースボックス
    ・・・見ているだけでも楽しいものがいっぱいです。

    おもちゃ
    ゲーム

    いくつかまとめて購入。
    お店の店員さんは人のよさそうなおじさんです。

    フランスでは頼まないと包装はしてくれません。
    紙袋にドーンと入れてくれるだけなのですが、観光地ということもあってか、
    おじさん

    「プレゼントかい?」プレゼント

    と聞いてくれます。
    全部だと申し訳ないので2〜3個、

    「これを包装してもらえますか?」
    と、お願いしました。

    おもちゃ

    日本だと、そこから、箱がある物は箱を用意して、
    その上から長方形にきれいに裁断された包装紙でぴっちりと美しく包装し、
    希望に応じてリボンを付けてくれたり、キラキラシールを張ってくれたりしますがプレゼント

    さあて、
    おじさん
    カウンターの後ろにあった包装用の紙を取り出し、

    (まだ適当な大きさに裁断されていない大きな包装紙)

    その紙の隅に品物を置き

    (あれ?切らないのかなあ?)

    そして、

    (ああ!これから品物の大きさに合わせて、包装紙をハサミで切るんだなあ〜)

    包装紙を、ちぎってびっくり

    (四角にハサミで切ったんじゃあありません、テキトーにちぎったんです)
    あらら・・・ちぎった包装紙はきれいな長方形ではなく、
    切り口もガタガタなどちらかというと三角形のような形。冷や汗

    ・・・おじさん、包装紙を品物にぐるぐる巻きつけ

    (角を付けて折るとか、袋状にするとかしないんだあ〜)

    セロテープで止め、

    (おじさん真剣です)

    そして、リボンまでつけてくれました。拍手

    (ぐるぐる巻きといった方がいいかも・・・)

    私がやったほうがきれいにできたかも・・・・・汗

    くま

    でも、おじさん、時間をかけて真剣にラッピングをしてくれていますから
    見た目は悪くても、温かみが感じられていいではありませんか!ラブ
    おじさん、包装し終えて、とっても満足そう(笑)

    「ありがとう!」

    「さようなら、よい一日を!」

    なんだか、心がほっこりするお店で、大満足。ラブ

    ぴるえっと